Travelogs

社会人女一人旅。有休駆使して旅をしています。現在40ヵ国以上巡っているのでその紀行をブログにしています。

旅ネタ🌍 ロシアビザを自力で取得してみた。

 

f:id:sherry2525:20190410223915j:image

赤の広場を見てみたい!と思い、ヨーロッパ行きのトランジット先をモスクワに決定。

 

モスクワは行きと帰りのトランジットで合計3泊をするために、ロシアのビザを取得しました。

 

ロシアへは、観光で入る場合においても日本人はビザを取得する必要があります。
トランジットで空港から出ない場合は、不要ですが、今回乗り継ぎ観光をするために個人でビザを取得したのでその流れをご紹介します。

 

My Journey Plan

12/27 東京→武漢🇨🇳→モスクワ🇷🇺 12/28着
12/29 モスクワ🇷🇺→ブタペスト🇭🇺

1/2 ブタペスト🇭🇺→モスクワ🇷🇺
1/4  モスクワ🇷🇺→東京

行きは1泊 帰りは2泊 モスクワ宿泊して、ブタペストへ行くプラン。

 

《出発3週間前》

郵送でも可能ですが、東京・神谷町にロシア大使館があるので行ってみることに

Google マップ

 

第一関門。営業時間の問題

ロシア大使館でビザの受付は平日の午前中のみ。さらにロシアの休日の場合は、休館となります。
※月~金:9:30~12:30/土日祝日・ロシアの祝日休

私が一回目行った日は悪かった。
ホームページでロシアの休日等も確認して大使館へ行ったのですがちょうどその日は日本にプーチンが来ている日。
大使館は休館でした。日本でロシアのイベント事がある日も要注意。

 

第二関門。ビザの種類

ロシアのビザについていくつかあります。
・通過ビザ(シングル・ダブル):72時間以内の滞在
・観光ビザ:観光目的の短期滞在用で滞在期間が90日以上
・個人ビザ:例) ロシア人と結婚した日本人が取得するビザ
・その他、留学ビザ、就労ビザなど。

 

今回私は、行きのトランジットで約24時間。帰りのトランジットで、50時間位。合計74時間。
この場合通過ビザなのか。観光ビザなのか....。と迷いつつ大使館で質問すればいいか。と思って向かいました。

 

大使館で何ビザを取得するか、聞いてみよ♪と思っていた自分が甘かった。


二回目の大使館に行き、順番が回ってきたらビザの種類が決まっていなければ受付できないと受付拒否。
一旦待合室に戻った時、受付の女性と私が話していた内容を聞いていた方が声をかけてくれました。

 


結果私のこのプランの場合は、”通過ビザ(ダブル)”が正解。

・ロシア連邦の領土にトランジットの目的で72時間まで(空路)滞在するために発行される。この場合、旅程は、最短ルートでなければならない。
・ダブルのトランジットビザの有効期限は最大で1ヶ月。外国人旅行者がロシア経由で第三国へ渡航し、その1ヶ月後以降に、ロシア経由で帰国する場合はシングルの通過ビザを申請し、復路の通過ビザは、起点となる国のロシア領事部で受領しなければならない。

何のビザにするか分かってもう一度並ぼうとしたら、12:30をちょうど超えてしまったためまた来い。とのこと。
三度目の大使館へ行きようやくビザの申請までたどり着きました。

■必要書類
・パスポート原本
・証明写真(パスポートサイズ:4.5×3.5cm)
・電子ビザ申請書EVA
・旅行確認書
※今回日本⇔モスクワと モスクワ⇔ブタペストは別々でチケットを取得したため両方日本語・英語Verの確認書を持っていきました。

書類に一部不備がある場合受付できないのでご注意を。

■ビザ申請の際の料金(通過ビザ・観光ビザ)
 11営業日以上: 無料
 4~10営業日: 4,000円
 3営業日以内: 10,000円

営業日は,査証の発給のために必要な申請書及び文書の受領の日から起算。
申請から受領までの間に休日又はロシアの祝日による休館日をはさむ場合は、休館日数だけ受領日が延長されます。

3回も大使館に行っていたので出発まで、11営業日を切ってしまったため4,000円をお支払い。
パスポートを渡して受付完了。受付されたら受け取り日を言われ、受取日にパスポートを取りに大使館へ向かいます。

f:id:sherry2525:20190410232954j:image

 


ただ、ついていなかった。としか言えないのかもしれませんが、ビザ取得は一苦労。
余裕をもって申請をされることをお勧めします。

 

なんせやら、やっとこさ、ビザGETでいざ、モスクワへ!

 

f:id:sherry2525:20190410224143j:image

 

モスクワ旅行でお役立ちサイトはコチラ